2018.3.26 民科法律部会春季合宿

2018年3月26日-27日、民主科学者協会法律部会・2018年春季合宿が、岐阜で開かれ、26日の全体会で「大垣警察市民監視違憲訴訟を考える」として、山田秀樹弁護団長と原告の松島勢至さんが報告し、本秀紀先生からコメントを頂きました。フロアから、多くの先生方から示唆に富むご意見を頂きました。



2018.3.24 茨城県弁護士会憲法シンポ

茨城県弁護士会主催   憲法シンポジウム

「今,”ものを言う自由”を考える~大垣警察市民監視事件を題材に」
  http://www.ibaben.or.jp/?p=1520

 

   3/24茨城県弁護士会シンポ 報告



大垣警察市民監視違憲訴訟 基本資料集(改訂版)を発行しました

 2018年3月、「基本資料集」の改訂版を発行しました。

 

PDFファイルダウンロードは  → 基本資料集改訂版

 

頒価1冊100円ですが、学習会や会員募集に活用する際にお頒けする価格については、実費+送料+αでご相談に応じます。事務局までお申し出下さい。



2018.2.16  日弁連主催学習会に原告が出ました

2018年2月16日日弁連主催「警察の監視に対する統制の在り方に関する学習会」

   https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2018/180216.html

 基調報告とパネルディスカッションに原告の船田伸子が招かれました。

 

      → 2018.2.16日弁連学習会 報告



2017.11.12 朝日新聞に弁護団の強化について載りました

ダウンロード
20171112朝日(原告側に新たな弁護士)PDF.pdf
PDFファイル 140.7 KB


第60回日弁連人権大会のシンポで紹介されました

2017年の第60回日弁連人権擁護大会は滋賀県大津市で行われました。
 10月5日のシンポの第2分科会「情報は誰のもの?~監視社会と情報公開を考える~」で、短時間ながら原告のビデオメッセージも含めて紹介されました。
このシンポの報告などは、日本弁護士連合会のホームページ内
 過去の人権擁護大会・シンポジウムにアップされています。 
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/organization/event/jinken_taikai.html


2017年の通常国会に「共謀罪」法案が提出され、政府は答弁にはならない不誠実な答弁で時間つぶしをし、審議とはいえない審議の挙げ句、参院では委員会採決をすっ飛ばすという国会法無視の違法な手で、強引に「共謀罪」法を成立させました。

この攻防において「共謀罪先取り」事件として大垣警察市民監視事件が、メディアなどにたくさん採り上げられました。

2017年2月~7月に、メディア等で採り上げられたものの情報は こちら


当会を支援する「ガーベラプロジェクト」

西美濃パパママ安保法がこわくてたまらない会有志による

「Gerber Project Team(GPT)」が立ち上がりました

当会の活動を記したチラシやニュースとともにガーベラ(花言葉=希望)のブローチを、200円~400円で頒布。

収益は当会にカンパして下さるとのこと。是非お買い求めを。

趣旨や日々の活動の様子などは以下のサイトをご覧下さい。

http://nisiminoanpogakowai.blog.fc2.com/


ダウンロード
ガーベラプロジェクトの思い.pdf
PDFファイル 114.7 KB

10月30日、「800個を製作・販売して9万円(9条の9に拘って)」のカンパを当会に頂きました。感謝!   →



各地弁護士会で採り上げられました

★福岡県弁護士会

8月19日(土) 福岡県弁護士会館3階

シンポジウム「監視社会で失われる市民の自由を考える」

http://www.fben.jp/whatsnew/2017/08/post_484.html

●第1部 基調講演    ジャーナリスト 斎藤貴男 氏 
● 第2部 パネルディスカッション
  斎藤貴男 氏、山田秀樹 氏(大垣警察市民監視事件弁護団長)、他 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

★宮崎県弁護士会

8月19日(土)14:00~16:30 宮日ホール  

市民シンポジウム

「情報は誰のもの?~日本を戦争する国にしないために私たちができること~」

●基調講演 清水雅彦氏(日本体育大学教授・憲法学)

●報告(スカイプ参加)  大垣警察市民監視事件(原告・弁護団)
●パネルディスカッション
樋口のり子氏(海自護衛艦さわぎり訴訟元原告)
前田裕司氏(日弁連共謀罪対策本部委員) 

 - - - - - - - - - - - - - -



2017.5.18 日弁連集会で発言

日本弁護士連合会主催            (於:イイノホール)   

5/18 市民の人権・自由を広く侵害する共謀罪創設に反対する集会 

 

原告・近藤ゆり子さんが発言しました。

 

毎日新聞映像グループによってfacebookに動画がアップされています。
https://www.facebook.com/mainichimovie/videos/1834897633426639/

 

市民の人権・自由を広く侵害する共謀罪創設に反対する集会登壇者発言集

https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/committee/list/data/pdf/2017/todanshahatsugenshu.pdf


2017年5月9日、院内集会で報告

★5・9共謀罪法案廃案へ!院内集会★
   ーテロ対策とウソつくな!狙われているのはあなただ!警察による市民監視の実態ー
  原告・船田伸子さんと弁護団の山本妙弁護士が、」登壇者として招かれて発言しました。 

 この院内集会の模様がユーチューブに動画としてアップされています。

  ↓

  https://www.youtube.com/watch?v=2pTvTZZS-Fs

(この中の1:0340あたりから1:26:40あたりまでが二人の話です。)

 



2016年秋、シンポや講演会、雑誌で採り上げられました

 ★11・26ミニシンポ  

 民主科学者協会法律部会総会 ミニシンポ第2企画

      於:早稲田大学早稲田キャンパス

 警察による市民監視と

  表現の自由・プライバシー
   
--大垣警察市民監視事件の法的検討
 

報告1:

大垣警察市民監視事件の法的問題点

 (山田秀樹氏 弁護士)

報告2:

大垣警察市民監視事件の憲法的検討

  (愛敬浩二 会員 

 ↑ 弁護団、当事者が多数参加しました。

秘密保全法に反対する愛知の会12・6講演会 

~ 2013.12.6 秘密保護法強行採決 この日を忘れない!

 市民の政治的表現の自由 

 ~大垣警察市民監視事件からみえるもの

        講師:愛敬浩二さん(名古屋大学 教授、憲法学) 

 

秘密保全法に反対する愛知の会のブログをご覧下さい。

 ・2016/12/6  80名が参加

  -愛敬浩二さん講演会「市民の政治的表現の自由」
  http://nohimityu.exblog.jp/26210278/ 


★法学セミナー(日本評論社)

法学セミナー2016年11月号の特集は「市民の政治的表現の自由とプライバシー」です。

この特集の中に、山田秀樹弁護士の「大垣警察市民監視事件」が載っています。

 https://www.nippyo.co.jp/shop/magazine/7260.html

週刊金曜日(2016.9.9  1103号)

 

中谷雄二弁護士の「大垣署が中電子会社の情報提 警察の市民運動潰し追及」が載りました。



発足集会の講演録を冊子にしました

中谷雄二弁護士講演録      進む監視網と市民監視
       ~ 自衛隊情報保全隊市民監視事件と大垣警察市民監視事件~

          目 次    (全36ページ) 

    自衛隊情報保全隊事件      … p2
     大垣警察市民監視事件      … p24

    コラム1   「大垣警察市民監視」事件とは  …         p1
    コラム2    自衛隊情報保全隊の国民監視差止訴訟とは     … p1
 コラム3    「南伊吹風力発電」建設事業とは?   … p25

 

         頒価:200円

  発行:大垣警察市民監視違憲訴訟の勝利をめざす「もの言う」自由を守る会   

 

お申し込み :弁護士法人ぎふコラボ 西濃法律事務所
        〒503-0906  岐阜県大垣市室町2-25 

      Tel:0584-81-5105   Fax:0584-74-8613

         E-mail:seinolaw@nifty.com