大垣警察市民監視違憲訴訟の勝利をめざす「もの言う」自由を守る会

 

 岐阜県大垣市上石津町と不破郡関ケ原町に連なる山の尾根に、中部電力子会社である(株)シーテックが大型風力発電施設の建設を計画しました。大垣警察署は、風力発電施設(風車)による健康被害、環境被害などに関する勉強会を開くなどした地元住民と脱原発運動などに関わっている市民らの個人情報を、事業者シーテックに提供し、「反対運動をさせないための意見交換」を行っていました。大垣警察署によって「やっかい」などと名指しされた当事者が、こうした憲法違反の行為は許せない、と、2016年12月に国家賠償請求訴訟を起こしました。     写真:2016.12.21 岐阜地裁に提訴

  さらに、2018年1月、差止請求(個人情報抹消請求)を追加提訴し、岐阜県(岐阜県警)に加えて国(警察庁)を被告としました。    

   この事件の経過については  → 事実経過

  裁判に関しては → 裁判のページ

  提訴前の資料は → 提訴前の資料

  その他の情報は → その他の情報・資料

 

◇印の項目を掲載しています。クリックしてお進み下さい。

 

◇「もの言う」自由を守る会ニュース

 

◇ 署名用紙 

 

◇ 総会(発足集会)

    ● 発足集会(2016.4.16)

    ● 第2回総会(2017.4.22)  

 

◇ 2018年2・16東京集会   

 

◇「もの言う」自由を守る会について

    ・申し合わせ事項

    ・お問い合わせ