※ 書面は裁判資料 のページをご覧下さい。PDFファイルでアップしています。

 

2017年3月8日、第1回口頭弁論が開かれました

雪が舞う寒さの中で、愛知県の方々も含めて約140名の方々が傍聴に集まって下さいました。ありがとうございました。大法廷だったにも拘わらず、多くの方に法廷に入っていただけなくて申し訳ありませんでした。

 法廷では、まず原告の三輪唯夫さんが意見陳述を行い、その後山田秀樹弁護団長が訴状の概要を朗読しました。被告側は3月2日付けでほぼ全面的に認否を拒否する答弁書を出していましたが、この日の法廷には誰も姿を見せませんでした。原告代理人は「これでは警察は治外法権だと言っているに等しい」と、裁判所が被告に対し認否を行うように強く促すことを求めました。

  (「被告答弁書」「訴状の概要」「原告意見陳述」は → 裁判資料 のページへ)

  報告集会も椅子が足りなくて立ち見が出るほどの盛況でした。参加者から裁判に関するいくつかの質問や意見、この裁判への期待が述べられました。また、この事件と「共謀罪」の関連を指摘する声が多く出されました。名古屋の高層マンション建設を巡る住民運動への警察の不当な介入事件について当事者から報告があり、住民運動・市民運動への弾圧強化がすでに始まっていることが実感されました。

 集会の最後に、傍聴参加者、原告、弁護団名で、共謀罪の国会への提出をしないよう求めるアピールを安倍首相・金田法相に送ることを決め、当日中に、ファクスしました。

 三輪さんは「企業・行政・政治・社会に対し自分の意思で声をあげると、時の権力者はあたかも反社会的と考えます。しかし、歴史はその時の反社会的な声、行為が正しかった事実を沢山教えています。警察の情報収集・監視は、言論の自由を委縮させることに繋がります。今回の裁判は、声を上げることの大切さ、すなわち『もの言う自由』を取り戻すための裁判です」と原告意見陳述を締め括りました。それはこの日の傍聴及び報告会参加者みんなの思いです。

 第1回口頭弁論を報じた新聞記事  ↓

ダウンロード
第1回弁論新聞記事.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 519.6 KB

次回口頭弁論は、5月17日(水)午前10時~ 岐阜地裁304号法廷で行われます。

 



2016年12月21日、岐阜地裁に提訴しました

2016年12月21日、大垣警察市民監視違憲訴訟(国家賠償請求訴訟)を提訴しました。

約50名の方が、裁判所前に激励に駆け付けて下さいました。

 

 岐阜地裁の向かい側の、岐阜市民会館で、記者会見と報告集会を行いました。

事件番号は「平成28年 ワ 第758号」です。

岐阜地裁民事第2部に係属します。

 訴状は  → 裁判資料  からダウンロードして下さい。

 

ダウンロード
提訴についての各紙報道
20161222提訴行動報道紙.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 277.0 KB