岐阜県大垣市上石津町と不破郡関ケ原町に連なる山の尾根に、中部電力子会社である(株)シーテックが大型風力発電施設の建設を計画しています。この事業をめぐって、大垣警察が、風力発電施設(風車)による健康被害、環境被害などに関する勉強会を開くなどした地元住民と脱原発運動などに関わっている市民らの個人情報を、事業者シーテックに情報提供し、事前に市民運動を監視、弾圧しようとしました。大垣警察署によって「やっかい」などと名指しされた当事者が、こうした憲法違反の行為は許せない、と国家賠償請求訴訟を起こします。

                         2015.11.7風車建設予定地にて →


2017.2.7 中日新聞「特報」で採り上げられました

ダウンロード
20170207中日(特報).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 364.9 KB

東京新聞「こちら特報部」では2月4日の掲載でした。

 

大垣市民監視事件から浮かぶ共謀罪の現実
 
 岐阜県大垣市での風力発電事業計画をめぐり、岐阜県警が反対派住民を監視、収集した情報を事業会社に提供した問題で、住民らは昨年十二月、表現の自由を公権力に干渉されたとして、県に損害賠償を求める訴訟を起こした。警察の市民運動などへの監視や情報収集はかねて繰り返されているが、政府が今国会に提出予定の共謀罪法案が成立すれば、同罪を盾に監視が一段と強まることは確実だ。 (安藤恭子、白名正和)

 



ニュース4号を発行しました (2017.2.5)



第1回口頭弁論は3月8日(水)10時~

  第1回口頭弁論の期日が決まりました。

 

 3月8日(水)午前10時~ 岐阜地方裁判所301号法廷(大法廷)

 弁護団からと原告からの意見陳述があります。

 多くの傍聴をお願いします。

 傍聴が抽選となる可能性もあります。

 9:30までに、岐阜地裁前歩道にお集まり下さい。

 

 10:45~ 岐阜県弁護士会館3階ホールで報告集会を行います 


2016年12月21日 岐阜地裁に提訴しました

2016年12月21日、岐阜地方裁判所に提訴しました。

約50名の方々が集まって下さり、原告と弁護団を激励して下さいました。

提訴後、岐阜地裁向かいの岐阜市民会館で、記者会見と提訴報告集会を行いました。

 訴状、新聞報道などは

   → 裁判のページ をご覧下さい。

 


ニュースを発行しています


発足集会を開催しました

 2016年4月16日、大垣市スイトピアセンターで、75名の参加を得て、「『もの言う』自由を守る会」の発足集会を行いました。

 → 発足集会  

 

 中谷雄二弁護士の記念講演

「進む監視網と市民運動」~自衛隊情報保全隊市民監視事件、仙台高裁判決から~

 を冊子にしました。

 

  → その他の資料・情報

 


 会員募集中!   → 「もの言う」自由を守る会 について


■ 大垣警察による市民監視事件とは

 岐阜県大垣市上石津町と不破郡関ケ原町に連なる山の尾根に建設予定の風力発電建設をめぐって、大垣警察が、勉強会を開くなどした地元住民と脱原発運動などに関わっている市民らの個人情報を事業者である中部電力子会社シーテック社に情報提供し、事前に市民運動を監視、弾圧しようとした事件。2014年7月24日付朝日新聞が「岐阜県警が個人情報漏洩」とトップ記事で報道し明るみにでた。

 2014年7月24日付け

朝日新聞名古屋本社版

  記事PDFファイル

 

「大垣署とシーテックの意見交換」の中味は

→ 議事録テキスト版

 


 

   この事件の経過については  → 事実経過

資料は  → 資料